Through the following links, you can skip to the menu or to the main text in this page.

当サイトを快適にお使い頂くためにCookie(クッキー)を使用しています。ブラウザの設定によりCookieの使用を拒否することができます。設定を変更せずに当サイトの閲覧を続けられた場合は、Cookieの受け取りに同意されたものとみなします。

Cookieについての詳細は、個人情報保護方針をご覧ください。 個人情報保護方針

沿革

株式会社クボタエンジンジャパンについて

当社は、株式会社クボタが取り扱っていた日本国内市場向け産業用エンジン及びアフターサービス部品を、一元的に管轄する株式会社クボタ全額出資の販売会社として設立されました。
お客様の多種多様な機械にベストフィットした動力源と付加価値を提供する為に、営業・技術・部品供給・サービスの専門家集団として、機動力あふれるスピード感のある組織運営を目指しています。

クボタエンジンとクボタエンジンジャパンのあゆみ

1890年 クボタ創業
1922年 農工用水冷横形石油発動機A型船出町工場にて生産開始
1937年 エンジン専門工場として「堺工場」新設(現 堺製造所)
1950年 水冷横形ディーゼルエンジン生産開始(HD5・HD8・HD10)
1956年 空冷ガソリンエンジン生産開始(AK2:テーラー搭載・汎用)
1959年 水冷立形ディーゼルエンジン生産開始(UH)
1975年 「筑波工場」新設
1982年 クボタエンジン販売サービス(Kubota Engine Sales&Service Co,Ltd)設立
1985年 エンジン専門工場「堺臨海工場」新設
1993年 汎用エンジンとして世界で初めてCARB(米国カリフォルニア州大気資源局)排ガス規制の認証取得(D1105:E-TVCS燃焼方式の開発)
1994年 堺臨海工場、筑波工場、堺製造所 ISO9002を取得
1996年 建設省(現 国土交通省)認定(MOC)適合機生産開始
1997年 筑波工場 ISO14001を取得
2000年 堺臨海工場、堺製造所 ISO14001を取得
2003年 日本陸内協 19kW未満汎用ガソリンエンジン排出ガス自主規制開始
2006年 日本陸内協 19kW未満汎用ディーゼルエンジン排出ガス自主規制(一次)開始
2009年 日本陸内協 19kW未満汎用ディーゼルエンジン排出ガス自主規制(二次)開始
2011年 56kW以上の第4次排出ガス規制対応の小型ディーゼルエンジンで世界初の米国CARB認証取得
2012年 生産開始から90周年
KUBOTA Engine (Thailand) Co.,Ltdでディーゼルエンジンの量産開始
2013年 大型ディーゼルエンジンの保守・点検が主体のクボタエンジン販売サービスから、クボタの国内エンジン外販のすべてを扱う販売会社として社名変更し、株式会社クボタエンジンジャパン(Kubota Engine Japan Corporation) を設立
2017年 欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制(EU StageⅤ)に適合
2021年 堺事業所の新事務所移転に伴い臨海事業所に名称変更