企業理念

代表ごあいさつ

株式会社クボタエンジンジャパン
代表取締役社長 足立 暁彦

株式会社クボタエンジンジャパンは、株式会社クボタの日本国内市場向け産業用エンジン及びアフターサービス部品を、一元的に管轄する販売会社として、2013年7月に設立されました。

クボタエンジンは1922年に生産を開始し、これまで多くの製品機器のエネルギー源となり、社会の発展の一翼を担ってまいりました。
エンジンは、それだけでは単なる鉄の塊で、何ら価値を生み出す事は出来ません。エンジンを必要とする製品機器に搭載され、それが人々に使われ、そしてご満足いただく事で、初めて社会にその存在を認められる事となります。
当社はエンジンを搭載していただく製品機器メーカーの皆様のご要望に応えながら、エンジンの価値を育み、さらには製品機器の機能を最大限に発揮できるように尽力いたします。

近年、地球温暖化の影響は深刻さを増しており、産業用エンジンの排ガス規制も益々厳しさを増しています。クボタエンジンは世界で初めて北米CARB排ガス規制認証を取得して以来、段階を追って厳しくなる規制にも、常に世界に先駆けて対応してまいりました。また、「エンジンはボーダーレス」と言われるように、日本で販売されたエンジンの製品機器が、アジアやアフリカといった日本国外に輸出されるケースも少なくありません。
当社も、日本国内事業だけに注力するのではなく、常に世界情勢や変化を意識しながら、目の前の業務に取り組んでまいります。

クボタエンジンジャパンは、今後もエンジンの販売のみならず、搭載された製品機器の性能と価値を追求し、販売支援やその後に付帯するアフターサービス対応など、常にお客様に寄り添い、きめ細やかで迅速な対応を行なってまいります。
クボタエンジンについてご用命の際は、何時でも当社へご相談下さい。
直ちに馳せ参じ、どんな困難にも粘り強く応対し、お客様と共に一緒になって課題の解決を図ってまいります。



企業理念

私たちの会社はクボタエンジンの販売から、部品供給、技術研修、技術サービス、メンテナンスに至るあらゆる場面において、お客様を指向し、お客様との距離を最短にすると共にお客様の海外生産や移管などのグローバル事業展開をも含めてサポートしてまいります。

その理念は、「最適のエンジンとサービスの提供を通じて、技術と調和した快適な地球環境の創造に貢献し、ロングライフの実現を図る」ことにあります。

Page Top